没収させられてしまったとしても

換金する目的で列車等の乗車チケットの類を多量に購買してしまうこと:クレジットショッピング枠のキャッシュ化を利用しないで換金目的にてクレジットカード決済をするということも同じと言えます。76-12-26

キャッシュに変えることを狙っているカードショッピングというものはカードの契約内容違反扱いとなるためだからです。76-4-26

大量の新幹線の回数券・切手販売等でのカード利用は、ともすると換金する目的じゃないか?などという風にマークされてしまう恐れなどもありますので、注意することが大切なのです。76-5-26

もし、使用時点においてキャシング利用額が上限になっているカードの場合においては電車のチケットを購買しようとするだけであってもクレジットの会社により電話が来るということもあるため、経済的にきつい時のカード払いは不可能にされている模様。76-19-26

経済的に窮している状況においてする方法は誰でも、似ているなのでしょう。76-8-26

カードの会社の立場からみて都合の悪い利用法をすること>だいぶ前に話題だった『永久不滅』であったりクレジット発行会社の立場からみてほんの少しもメリットになることのないルールに違反した使用を行った場合にはクレジットの会社の判断によって失効という扱いになる事例さえも存在します。76-1-26

Web上に噂になった購入ポイントの不正な搾取などの流れていない方法が存在しても、そんな手段は全てクレジットカードの利用規約違反なのだから絶対に使用してしまわないようにして欲しいと思います。76-14-26

失効させられた個人情報は他のカード会社へ知られる・・・クレジットカードを没収させられてしまったとしても、他の会社のカードに関しては使えるのだから、少しであれば大丈夫じゃん??という風に思っいるあなたはこの情報化社会にあってはその思考は命取りになる危険があります。76-2-26

そもそも失効になるようなケースにっなってしまうと、クレジットカード各社から見ることが出来る個人信用情報機関に退会の内容が上書きされてしまうから、契約者の信用力というものが大きく下がることがあるからです。76-18-26

所有している一社でもクレジットを強制失効させられた場合、以後クレジットであっても審査が厳しくなる模様ですし、使っているクレカについても強制退会させられてしまうケースもなくはないのです。76-17-26

それは免れて引き続き利用できる場合も使用期限満了の時に更新できなくなると思われます。

とにかくしつこいほど書いていますが、強制失効になるような使用は絶対になさることのないよう、ルールを守ってカードを使用して頂きたいと願います。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.kevinkirwan.net All Rights Reserved.