であったりICOCA

使っているクレジットカードの使用の仕方を再考する予定でも、どの類のクレジットを再考するのがよくて、クレジットカードは利用し続けるほうが良策のか・・・というような基準点は一目にはわかりにくいといった風に思われます。80-10-26

そういうわけでこの話ではクレジットカードを再考する基準に関連する事をたくさん話していこうと考えています。80-12-26

解約する方がよいのかないしは活用し続けていく方がよいのかという事について思い悩んでいるクレジットカードが手持ちにある場合には、是が非でも、見本にしてほしいと思っています(大体の場合決めかねるようであれば契約解除するのもいいと感じられます)。80-18-26

昔数ヶ月の期間で一度も手元にあるクレジットを使用しなかった状態の場合…これはもうだめです。80-7-26

昔数ヶ月の間そのカードを全然活用しなかったケースには、将来1年についても同様に家にあるクレジットを使用しない見込みは高じると言えるのです。80-19-26

カードの買い物をする事働き一時的にお金を使える働きだけではなく、会員としての証明としての役割や電子マネーの働きとしての利用も一度もないならば、問答無用に契約破棄してしまう方がより安全です。80-5-26

しかし契約したクレジットを解除したとすると1枚もカードローンを持たないようなことになるといったようなことになってしまうならそのままでもいいと思います。80-8-26

クレカのポイントシステムが修正になり、カードが使い物にならなくなった例>クレカのポイントの基盤が更新された後で、メリットのないカードになったケースなどもする必要があります。80-20-26

やはりクレジットカードポイントがもらいにくいクレカよりむしろカードポイントがつきやすいカードに替えた方が生計の節約につながっていくという事がわかります。80-16-26

クレジットカードの基盤の調整が行われそうな5月、6月には定期的にクレカの再考をした方が得策です。80-6-26

似たような機能を持ったクレカが数枚あったケース…例えば電子マネーのEdy(エディ)、PASMO、であったりICOCA、nanacoなどどいった役目が付いているクレジットカードをたくさん所持している状態の時楽天ポイントや色々なポイントをゲットするために使っているクレジット等々、同種の特色を有しているクレカをいっぱい活用しているケースにはどれかを再確認する方が得だろうと考えます。

根拠はシンプルで多数手元に置く理由がそもそも全くないためです。

カードを多数活用する事を呼びかけていますがあくまで能率良くやりくりしてセーブをするためなのであってたくさん同様な役目を有したカードをいっぱい使うという場合を提案してきていたという訳ではないのでやめていただくようお願いします。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.kevinkirwan.net All Rights Reserved.