ですのでいつの印鑑証明であろうが印鑑証明としての効力

自動車を手放す場合や、車両の売却の際も印鑑証明という書類がなければなりません。肌を白くする方法

この印鑑証明に関して説明していきます。ネイルやヨガ

印鑑証明という書類は、その印鑑が実印で間違いないということを保証する目的を持つ正式な書類です。バイク 売る

この印鑑証明がないとその印鑑について実印で間違いないという事実がわかりません。アイランドタワークリニック

高額な取引になる愛車の売買なので必然的に実印が必要になりますが、その時に印鑑証明書が登場します。

印鑑証明書を交付してもらうにはあらかじめ印鑑証明をすることが必要です。

印鑑証明書に登録する印は普通、実印と言われ、唯一無二の印鑑である必要があります。

実印を準備してお近くの市役所などの案内係に行けば、印鑑登録をすることができます。

印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードが交付され、その印鑑は実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうためには、役場の受付で専用の用紙に必要項目を記入して、印鑑登録カードを出す必要があります。

そして自動交付機を使って印鑑証明の書類を交付してもらう事が可能です。

印鑑証明には有効期限などはありません。

ですのでいつの印鑑証明であろうが印鑑証明としての効力は続くということになります。

しかし中古車買い取りの際には、必須条件として現在より3ヶ月以内に交付されたものでなければなりません。

普通は有効期限を気にする必要はないですが車両の買取の際には、買い取り先の業者が有効期限を教えてくれるので、クルマ買取を考えている場合は、売却前に持っておくとスムーズに進みます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kevinkirwan.net All Rights Reserved.