発行してもらう事が可能です

車を買い取ってもらうときや、そして車両の処分時も印鑑証明書が必要になります。

この印鑑証明という書類について説明していきます。

印鑑証明というのは、ある印鑑に対して、それが実印として効力を持つということを証明するための正式な書類です。

印鑑証明書がない場合には使っている印鑑が実印として認められているかどうかがわかりません。

大金が動く取引になる該当する車の買い取りのため実印が必要ですがそれと同時に印鑑証明という書類が必要となるのです。

印鑑証明をつくるためにはあらかじめ印鑑証明の手続きをしておかなければなりません。

登録するはんこは実印と言われ、この世に一つだけのはんこでなくてはなりません。

実印を持って最寄の役所の案内係へ出向けば印鑑登録をすることができます。

印鑑登録をすれば、印鑑登録カードを発行してもらえて、登録が完了した印は実印になったということになります。

印鑑証明を発行してもらうためには市町村役場の受付で専用の用紙に必要項目を記入して、印鑑登録カードを提示するだけでできます。

さらに自動交付機を使って印鑑証明を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明そのものには有効期限はないのです。

ですから、どんなに前の印鑑証明であってもその効力は消えないことになります。

ですが、中古車買取の際には、必要となる印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。

ほとんどの場合有効期限の定めはないですが、買取時には買い取る側が期限を教えてくれるので、仮に愛車の買い取りの予定がある場合はあらかじめ用意しておくとよいでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kevinkirwan.net All Rights Reserved.