これというのは

カードローンといったものをすることになると月ごとに指定時に口座から自動の引き落としで弁済がなされていくはずです。

TVの告知などで自動現金処理機でいつだって支払いというのが可能であるということに言及されているのですがそれというのは自動の返済とは別に弁済する事例のについて言及しているのです。

かような弁済を繰上返済と言うのですが、総額に関してを終わらせるものを全額前倒し返済、一部を支払いしてしまうものを一部前倒し弁済と呼んでいます。

これというのは、臨時所得などのもので経済に物理的余裕というものが存す際は自動現金処理機や口座送金等により一部金ないし総額についてを支払いするということが可能なのです。

そしてこういったことの他にも繰り上げ支払いには利点がいっぱいあり欠点といったものは全くありません。

これらの利益とは別口で支払する事により借入総額を少なくするといったことが可能なので返済回数が短くなるので、利子に関しても減らすすることができ弁済トータル自体を軽減可能なので一石二鳥の弁済手法となっているのです。

そのかわり忠告しておきたいのはどのような時早期弁済するかということです。

会社は弁済回数とは他に締めがあるのです。

たとえば月中が締め日であったとしまして翌月10日の支払いだと仮定すると月中以降は来月分の利子というようなものを合計した返済額へと決定してしまったりするのです。

これは15日以降に早期弁済しても、明くる月の弁済額というものは決まっておりますので、そういった期間に繰り上げ弁済した場合でも明くる月分の支払い額に対してはいささかも反映というものがないのです。

それ故繰り上げ支払いがすぐさま効果を呈するようにするためには、返済期限の翌日からその次の〆の前日までのタイミングで繰り上げ支払してしまう必要があります。

しかし斯うした時の金利の差引といったものはすこぶる小さいものです。

それ位は気にならない人は、いつでも任意に前倒し支払してもいいと思います。

だけれど少額であっても節約したいと思う人は、支払日から〆め日までに繰り上げ支払してください。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kevinkirwan.net All Rights Reserved.